なにわ歯科衛生専門学校のブログへようこそ
歯科衛生士について

4月17日
歯科衛生士の3大業務【歯科予防処置】はどんなことをするの?

だんだん暖かくなってきましたね 

今日は前回に引き続き、歯科衛生士のお仕事の内容をご紹介します 
歯科衛生士には3大業務と呼ばれる仕事がありますが、その中のひとつ「歯科予防処置」について詳しくみていきましょう 


歯科予防処置は、歯の2大疾患と言われている「むし歯」や「歯周病」を予防するために行う専門的な処置を行います 

では、歯科衛生士はいったいどんなことを行うのでしょうか 
歯科予防処置の方法には、大きく分けて2つの主な業務があります

「歯のクリーニング」と「フッ素の塗布」と呼ばれる処置です。
歯医者さんに通われている方、通っていた方なら経験があるかもしれませんね 

それぞれの業務について簡単にご説明します。

●歯のクリーニング
歯に付着した歯垢や歯石などの汚れを、スケーラーと呼ばれる細くて小さい鎌に似た専門の器具でこそぎ落としていきます 

●フッ素の塗布
歯についた汚れを綺麗に落としてクリーニングした後で、フッ素を塗布することで歯質そのものを強化していきます。このフッ素は、虫歯の予防に対してとても大きな効果があります。
ただし、フッ素塗布は国家資格を持つ医師もしくは歯科衛生士のみに認められた業務なのです 

このような業務を丁寧に行うことで、患者さんの虫歯や歯周病の予防へとつながり、治療と同様に重要視されています 
この歯科予防処置は医療行為にあたるため、やはり歯科衛生士の国家資格が必要になります 

皆さんも歯科衛生士の資格を取得して、多くの人の歯を虫歯や歯周病から守ってみませんか 


歯科衛生士の資格・仕事に興味を持った方は、この3大業務を体験してみませんか 
5月10日(土)・5月17日(土)・6月7日(土)の3日間は、歯科衛生士の3大業務が体験できる学校見学会を開催します 

体験内容は、次のスケジュールになっています 

●5月10日(土):「歯科保健指導」
●5月17日(土):「歯科予防処置」
●6月7日(土):「歯科診療補助」


歯科予防処置だけでなく、他の業務も体験したいという方は、ぜひお気軽にご参加ください 
皆様のご参加をお待ちしております


**入試情報・学校見学会情報**
次回の学校見学会は、5月10日(土)の開催予定です!

参加者の方にはプレゼントもご用意しております 
お友達や保護者様とご一緒に参加可能ですので、ぜひお気軽にお越しください 
       

学校見学会へのお申込みはこちらから

 


TOPへ戻る
資料請求
学校見学会
アクセスマップ
会員限定サイトへ
お問い合わせ

なにわ歯科衛生専門学校
copyright2011
0120-720-363